蝶や昆虫の観察記録や思い出など。このブログは殆ど何の役にも立ちませんのでそのおつもりで。
by clossiana
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
自己紹介
1950年生。北海道育ち。
子供の頃に患った蝶への熱病が98年、30年ぶりに再発。今のところ完治の見込みなし。
こまったものだ。
現在は東京在住。

___________

エキサイト以外のリンク
日本道路交通情報センター
あやはべる/撮影日誌
蝶の観察記録
My Favorite Butterflies of JAPAN
my蝶あるばむ
Hirokou's Field Notes
naoggio写真日記
受身の園芸
自然散策雑記帳
四季おりおり
Googleマップ
最新の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
キベリもいなくなってしま..
by naoggio at 12:27
naoggioさん、コメ..
by clossiana at 11:25
う〜む、すごいのが出てき..
by naoggio at 15:45
鍵コメさん、コメントを頂..
by clossiana at 07:46
asahamaさん、コメ..
by clossiana at 07:40
最新のトラックバック
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 誰の卵?(その2-5) 
(チャバネセセリの冬越し)
ベランダで越冬中のチャバネセセリの様子です。チャバネセセリは粗い巣しか作らず身体の一部がむき出しのことが多いことが知られていますが、この幼虫の巣は何枚かの葉を綴りあわせていて中の幼虫を簡単に見ることは出来ません。でも、こういう巣の有り様は暖かい時期でも見られなくはありませんでしたので、特に冬用という訳でもなさそうです。
b0145383_10455137.jpg
12月末撮影

↑の写真の撮影後に食草はすっかり枯れてしまいました。1月25日に東京は48年ぶりの-4℃を記録しました。ですので生きているのかどうか少し心配なのですが、それを確かめようとして巣を開けたら、それがもとで★になるのも寝覚めが悪いと思い、目下のところはほったらかしにしています。














[PR]
by clossiana | 2018-02-02 20:43 | セセリチョウ科 | Trackback | Comments(0)
ホシチャの冬越し 
もう大分前の10月末のことです。以前に見つけたホシチャの幼虫ですが、そろそろ冬越しの体制になっている筈だと考え、そそくさと現地へ足を運んでみました。現地では食草のオオアブラススキはすっかり枯れてしまっていました。前回、見つけた幼虫たちの巣の付近にはマーキングをしておいたのですが、すでにススキ自体が枯れて倒れているような場所ではマーク自体を見出すことが出来ませんでした。しかし、背丈が僅かに20cmほどのススキの株の巣では幸いにも本種の越冬巣を確認することが出来ました。

b0145383_10483027.jpg
すっかり枯れたオオアブラススキ
b0145383_10483934.jpg
背丈が20cmほどのオオアブラススキの葉の先端にあったホシチャの越冬巣。

この地では10月の中ほどには日当たりの悪い場所に生えているオオアブラススキは枯れはじめ、10月末ともなると辺りのオオアブラススキはすっかり枯れてしまうことがわかりました。このことから当地の幼虫は遅くとも10月中旬頃には、或いはもっと早い時期に越冬体制に入るのではないかと考えられました。





















[PR]
by clossiana | 2017-12-01 20:45 | セセリチョウ科 | Trackback | Comments(4)
誰の卵?(その2-3)
ベランダに放置しておいたオオアブラススキにいつの間にかチャバネセセリが卵を産み付け、成長の早かった2頭が無事に蛹化にまで辿り着きました。この辺りの詳細につきましては先の拙ブログ2017年10月22日付けをご覧下さい。

今まで見たこともなかったチャバネの成長過程を居ながらにして観察出来ましたのは、まさに幸運そのものでしたが、それでも問題が一つありました。それは羽化日が週末とは限らないことでした。

或る日、見てみると緑色だった蛹が次第に変色し始め羽化が近いことを予感させました。たまたま出張予定でしたので、大慌てで女史へ連絡を取り、ススキの鉢ごと預かってもらうことにしました。そして、この策は見事に功を奏したのです。2頭共に相次いで羽化したとの報が女史から入ってきたのでした。いずれも10月末のことです。

b0145383_17100534.jpg
女史撮影/個体C・羽化前に目だけが透けて見える段階があるとは知りませんでした
b0145383_17101498.jpg
女史撮影/個体C・全体が変色しています。
b0145383_17102592.jpg
女史撮影/個体C・羽化直前の蛹・剥離が始まっています
b0145383_17104111.jpg
女史撮影/個体B・羽化後に翅を伸ばしている♀個体・最高気温が13℃の日のことだったそうです
b0145383_17104803.jpg
女史撮影/個体B・翅が伸びきった♀個体・金色に輝いています。チャバネセセリがこれほどに美しいとは。。

チャバネセセリの羽化シーンをうまうまと入手出来たとは言え、話を聞けば鉢を預かった女史の方は大変だったようです。

「体色が変化しているとは言え、こんなに寒い日(羽化日の最高気温は13℃)にでも羽化するのだろうか?」
「でも預かったからには羽化シーンを撮り損なうわけにはいかないし。。」
「羽化が始まったら10秒くらいで抜け出てしまうだろう。。」
「羽化は早朝なのではないか?ならば目覚ましを5時半にセットしておこう。。」
「う~ん、5~10分毎に様子を見続けないと。。」

等々、散々な目にあったのだと愚痴をこぼしていました。いやはや、その節は大変、お世話になり、ありがとうございました。お疲れさまでした。

続く。。

























[PR]
by clossiana | 2017-11-17 20:40 | セセリチョウ科 | Trackback | Comments(6)
誰の卵?(その2-2)
ベランダに放置していたオオアブラススキに何者かが卵を産付したことは拙ブログ9月22日付けの通りです。十中八九はイチモンジセセリであろうと見当をつけていたのですが、banyanさんからチャバネセセリではないかとのご指摘を頂きました。そして、それはまさに正解だったのです。その後に齢を重ねた幼虫はまさしくチャバネセセリの面相を持っていたのでした。卵の段階でチャバネセセリであることを喝破されたbanyanさんはさすがです。

思いがけない来客でしたが当初から、これといったおもてなしはしないことに決めていました。と言うか、ほったらかしにして余計な干渉はしないとの方針で臨みました。より自然な姿を観察したかったからです。(注1) まぁ、そもそもが勝手に産み付けていったのですから、それはそれで良かったのではないかと考えています。

さて、このベランダでのチャバネセセリの観察中に特に印象的であったことを記しておきます。

(A)産付された12卵は全てが孵化しました。ところが実にその内の8頭、率にして66%もの幼虫が最初の巣を作る以前に★となったのです。これは風によってススキの葉がこすれ合い、その際に振り落とされてしまったのではないかと考えられました。(注2)捕食でもなく病死でもない、こんなに何でもないことで多くの個体が命を失っていったのです。命とは、かくもはかないものなのだということを改めて学ばせてもらえました。

(B)孵化後、無事に生き残った幼虫4頭は決まった場所に決まった形状の巣を作るのではなくて、それぞれ各個体ごとにまちまちでした。(拙ブログ9月日付け) このことから僅かな頭数の観察だけで「この種の幼虫は○×の習性を持つ」の如き結論を安易に導くのは間違いが多いことがわかり、今後の戒めとなりました。

b0145383_11233971.jpg
B個体:同じ葉上に次々と巣を作りました。
b0145383_11235061.jpg
B個体:巣を這い出て摂食中
b0145383_11235994.jpg
C個体:2枚の葉をクロスさせて巣を作りました。

(C)個体間に言わば個性とも思えるような行動が見られたのも面白かったです。例えばC個体は辺りの気配に敏感で何かがあると、すぐに後ずさりして巣に戻りましたが、B個体はカメラを接近させても煙草の煙りが漂ってきても、動ずることもなく摂食し続けるといった按配で、こんなことが一再ならず観察出来ました。

b0145383_11241118.jpg
B個体:カメラを近づけても動じずに摂食を続けていました。
b0145383_11242397.jpg
C個体:カメラを近づけただけで後ずさりしました。

(D)この種は若齢幼虫の時には他のセセリと同じような巣を作りますが中齢ともなると粗い巣しか作らず、終齢では身体をむき出しのまま、じっとしていました。この無防備感満載の姿も印象的でした。
b0145383_11243108.jpg
B個体:中齢幼虫の作った巣。わずかな糸で綴ってありました。
b0145383_11244170.jpg
B個体:終齢幼虫は巣を作らず、葉上でじっとしていました。

(E)今回の観察で一番、びっくりさせられたのは同じ日に産付されたはずなのに素早く成長して蛹化に迄、至った個体は半分の2頭だけだったことです。残った2個体はゆっくりと成長している関係で未だに2~3齢のままなのです。(注3)ひょっとすると、この時期には同じ日に卵を産付されても年内に羽化する個体と越年する個体とに分かれるのかもしれません。これについては残った個体の今後を見続けるつもりでいます。
b0145383_11244948.jpg
B個体:前蛹
b0145383_11245640.jpg
B個体:蛹。地表から300mmほどの高さです。
b0145383_11250429.jpg
C個体:蛹。地表スレスレの20mmほどの高さで蛹化しました。
b0145383_11251208.jpg
A個体:未だ小さいのに80mmもの巣を作っています。

期せずしてチャバネを観察する機会に恵まれました。ベランダで主として煙草を吸いながらの観察でしたが、その煙の迫害にもめげずに幼虫たちは成長し続けてくれ、その姿を見ていると最高の気分を味わうことが出来ました。幼虫たちに感謝です。続く。。

(注1)本当の自然状態とは違う点としては次のようなことが挙げられます。
◎ベランダですので天敵の種類や多さは違ったでしょう。特に野鳥は近付けなかったと思えます。
◎ベランダの床面はコンクリートですので気温は土の上とは違って、より高かったはずです。
◎ベランダですが夜間にカーテンから漏れ出る光の影響はさほど大きくなかったと考えています。
◎一度だけですが鉢を降りて徘徊している幼虫を鉢に戻したことがありました。

(注2)幼虫が葉から落ちない理由は腹脚が吸盤のようになっているからではなく、腹脚についている爪を幼虫自身が吐いた糸に引っ掛けているからであることが知られています。

(注3)ほったらかしにしていますので巣を開けたり、幼虫を刺激したりしていません。ですので幼虫の大きさなどはわかりません。















[PR]
by clossiana | 2017-10-22 11:52 | セセリチョウ科 | Trackback | Comments(4)